週報。ゲームとかお金とか

振り返ってみると毎週書けてない。ゲームやお金の話が多い。

【宣伝無しで】20代でAGA専門病院に行くことにした理由

先に結論を書くと、AGA専門病院は話だけ聞いて契約せずに帰った。もう行かないと思う。

 

「また髪の話してる」と言われそう。

dic.nicovideo.jpWebにいればよく見かけるテンプレートである。いや実際どうなんだろう、意識してるから目に入るだけなのかもしれない。

 

僕はまだハゲてない

自分の話をすると僕はそこまでハゲてない。たぶん。え、そうだよね?これは、ちょっとおでこが広いだけで、ハゲではないよね?そうだよね?・・・という感じである。毛髪が細くて、薄毛というよりおでこが広いパターン。雨に弱いベジータ・アンパンマン型。

中学くらいから少しずつその傾向がでてきたように思う。そんなに頻繁に悩まないにせよ、やっぱり悩むことはあった。遺伝として、祖父も父もベジータを極めているので、これはもう遺伝でどうしようもないのだろうな、、と考えていた。

 

悩むくらいなら物理で殴る

そして社会人になって数年。世の中ではAGA対策のテレビCMが大量に流れている。

やっぱりたまに自分の髪の毛が後退しているような、してないような。そんな悩みを繰り返すことがある。このネガティブな思考をする時間は結構無駄である。なんとなく高額だと思ってAGAを調べてなかったが、幸いにも一般的なお給料をもらえるようになってきたし、いちいち悩んで落ち込んでいても髪の毛の問題は解決しない。時間の無駄。むしろハゲそう。さっさと物理で殴って解決を試みるべきだ。そんな思いで、近くのAGA専門病院を予約した。

 

AGA専門病院は適当に選んだ

近くのAGA病院は、タレントを使ったテレビCM流していた病院にした。もちろんその前にAGAについてある程度調べてみたが、肝心なところがボカされていたりするるので、聞いた方が早いと思って、タレント使って大量のCMを流している病院を予約した。これだけ色んな会社がしのぎを削ってるので、どの病院でも大差ないだろうと思ってのことだった。続く。