週報。ゲームとかお金とか

振り返ってみると毎週書けてない。ゲームやお金の話が多い。

東京に上京しようとした時、仕事も身寄りもない僕はどうしたっけ。

もともと地方に住んでいて上京して結構経った。東京は良い。まず思い立った事に対して、距離的な制限がない。コンサートやイベント、勉強会に行くのだってそう。すぐいける。お金も浮く。あと、人との距離感を選べる。地方にいたころは、距離感を選びにくい。どこかに属さなきゃいけない。東京だと、属す事も、属さない事もできる。自分で選ぶ選択肢が多い。

そんな東京に行ってみたいと思って、親戚もおらず仕事も決まってない中で僕は何を準備して上京したんだっけ。もしかしたら上京を考えている誰かの役に立つかもしれないから、書いておこう。

 

●貯金(資金)について

お金は1年半くらい働いて100万円ちょっと貯めた。

それくらいないと上京するのはキツいと思うよ。まず引っ越しに10万近くかかるし、家を借りるのも初期費用で数十万いる。あと、すぐに働いたとしても1か月は給料入ってこないから、その間生きることも必要。すぐに仕事が見つかるとも限らないしね。

直前まで働いていたなら失業保険と延長のための職業訓練校については調べておくといい。あと、住民税や国民健康保険も払うことになるのでそのあたりも調べておかないと、年間で十万単位の出費にびっくりすることになる。

●仕事について

仕事はたくさんある。条件を満たしていれば月額16万円以上も難しくない。

コンビニとか居酒屋のバイトもあるけれど、今後どこかの会社でサラリーマンをやりたいならパソコン事務的なところを狙った方がいいかもしれない。派遣にでも登録すれば時給1500円とかであるので探してみるといい。ただしそれには以下を満たしいないと難しいかも。

・オフィスカジュアル(男性であればスーツ)を持っている。

・パソコン入力をブラインドタッチで行える。

・エクセルが使える。(関数としてSUMとかVLOOKUPができると良い)

・ネットで調べ物ができる。(このサイトに辿り付いてるくらいだから大丈夫だろう)

もちろん人柄とか会社との相性あるのでそれは勤めてみないとわからない。あと、働いている間は作業マンにならずに社員の仕事を奪っていくモチベーションで働かないと次に繋がりにくい。これは自分の経験でもそうだし、周りを見ててもそう思う。学歴については、あまり影響がないと思う。むしろ高学歴だと「もっといいところがあるんじゃないの?」と思われがちかもしれない。

●住むところ、賃貸について

23区内でも7万円以下の家賃はたくさんある。

 

家賃が多少安いからと都心から離れた個所にすると、運賃も時間も勿体ない。勤め先によっては派遣社員だと定期代が出なかったりもする。外にでるのが面倒くさくなる。できるだけ都心に近い位置、にぎやかな街をオススメする。

 

●生活費、出費管理について

僕はだいたい毎月15~20万円くらいだった。自炊をちゃんとすればもっと抑えらると思う。収入もそれくらいだったので、貯金はほとんどできないまま、今思えば綱渡りな生活をしていたとは思う。手帳でもなんでもいいので、家計簿はつけることをオススメする。金銭の計画ができないと身寄りも仕事もない上京はオススメできない。

●それで今の僕はどうなのか

派遣社員から働いて、運よくその後の仕事も上手く繋がって、今は貯金もできている。仕事や生活で努力した部分も勿論あったけれど、運の要素も大きかったと思う。とある知人は上京して時給のいいパチスロ店で住み込みで働いていた人もいたけれど続かずに地方に帰ってしまった。

どれだけ計画したとしても運の要素が本当に強いと思う。極端な話、交通事故にあって骨折したら保険もないので地方に帰るか、ホームレスになりかねない。

 

質問貰ったりすれば追記するかもしれないけれど、とりあえずWebの海に体験談として放流しておく。

// ]]>