週報。ゲームとかお金とか

振り返ってみると毎週書けてない。ゲームやお金の話が多い。

Marvel映画を全部観た感想と観ておくべき順番「マーベル・シネマティック・ユニバース」

『MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)』の現時点の映画作品は全部観ている。なお恥ずかしながらドラマについては外伝的な作品であって関連部分も強くなさそうなので見ていない。

 

・入門者が肌に合うかどうか見る作品

各作品について感想を書く前に。入門者が心配するのは作品の多さで、全部見るのは大変そう…と思うに違いない。現時点で19作品も公開されているので無理もない。

とりあえずお試しで、まずはアイマンマン(2008年)だけ見てくれればいい。Amazonで199円で見られる。プライム会員なら無料。(いい時代だ・・・)。逆に言えばアイアンマンが楽しめなければ他も楽しめない可能性が高い。やっぱりこのシリーズの柱はアイアンマンだからだ。ヒーロー好きでメカ好きなら間違いなく楽しめるし、お調子モノの天才が好きでも楽しめる。同じくロバートダウニーJrが主演のシャーロック・ホームズ (2009)が好きでも楽しめる。両方とも奇人天才で役柄がそっくり。

・個別の作品紹介

もちろん予告で見られる以上のネタバレは書かない。先に見ておいた方がいい作品と簡単な感想を書いていき、あらすじは省略する。だいたいAmazonで200円以下で見られるので、お気に入りリストとかに入れておいて年末年始に見てしまうのもオススメ。

『アイアンマン』(2008年)

アイアンマン(字幕版)

アイアンマン(字幕版)

 

 これは既に紹介した通りで、この『MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)』が肌に合うかはこの作品で決まる。最後の記者会見とか最高だ。なお全作品に言えることだがエンドロール後も次回への伏線があるので見ておくとよい。ちなみに機械装着シーンのCGを担当しているのはシリーズ通して日本人だったりする。

『インクレディブル・ハルク』(2008年)

インクレディブル・ハルク(字幕版)
 

 正直、後で気になった頃に見たのでもOK。この後の『アベンジャーズ』で出てくるけれど「天才学者が怒ると我を忘れて緑の無敵巨人になる。めっちゃつよい。」とだけ覚えとけば正直なんとかなる。なおこの作品とこの先にでてくる主人公ハルクの役者は違うがあくまで同一人物として扱われる。


『アイアンマン2』(2010年)

アイアンマン2 (字幕版)

アイアンマン2 (字幕版)

 

 アイアンマンが楽しめたら次に見てほしいのがこの作品。当然ながら前作の続き。ど派手な調子乗り主人公トニースタークが見れる。個人的にはサーキットでの装着シーンが最高。なお、この作品でアベンジャーズの主要メンバーで役者としても有名人が初登場する。


『マイティ・ソー』(2011年)

マイティ・ソー (字幕版)

マイティ・ソー (字幕版)

 

 あくまで個人的にだけど、映画としてはちょっと退屈かもしれない。神様が主人公なので、強さについてどう解釈したらいいか判らないのが難しいところ。これはDVDで見たんだけど、正直眠くなってしまった。ただ『アベンジャーズ(2012)』の敵が初登場するので先に流し見でも観ておくとといいとは思う。


『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)

 ついにキャプテンが初登場。この作品は現代ではなく第二次世界大戦が舞台になる。実はキャプテンは生まれた年で考えるとかなりおじいちゃん。常人離れしてはいるけれどデタラメな強さではないキャプテンをハラハラドキドキしながら見れる。途中で「ちょっとソレは無理じゃね?」というシーンもあるが、ご愛敬。なおこの作品ではアイアンマンの主人公トニースタークの父親も登場する。ちなみに登場するエージェントカーターのドラマも外伝として展開されている。


『アベンジャーズ』(2012年)

アベンジャーズ (字幕版)

アベンジャーズ (字幕版)

 

 アイアンマンにハルクにマイティソーにキャプテンアメリカ、その他諸々が登場する集大成的な作品。ど派手な戦い。主人公級が揃いすぎてて内容が薄いんじゃないかと心配になるかもしれないけれど、ここまでが楽しめているなら大丈夫。そんな心配してると来年公開の『アベンジャーズインフィニットウォー』なんて主役級が10人以上いるんだぞ。


『アイアンマン3』(2013年) 

アイアンマン3 (字幕版)

アイアンマン3 (字幕版)

 

 アイアンマン2を見た後に見てもいいんだけど、できれば『アベンジャーズ(2012年)を見た後で見るべき。そうしないとトニースタークがアイアンマンスーツを量産しまくってる理由が少し判りづらい。いろんなアイアンマンスーツが拝めてドンパチして楽しい作品。映画館で見た後、DVDも新作ですぐ見直した。

 
 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)

 こちらはマイティソー2といえる作品。前作は当然ながら、これも観る前に『アベンジャーズ(2012年)を見ておいた方がいい。この作品は『マイティ・ソー』よりは楽しめるのだけど、僕は神様モノがダメなのか、いまひとつ、という感じではあった。


『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)

 

いうなればキャプテンアメリカ2。現代に蘇ったキャプテンが現代で活躍する作品で、タイトルにもなっているウインターソルジャーやファルコンといったアベンジャーズメンバーも登場する。できれば先にアベンジャーズは見ておくべきだけど、まぁ見てなくても楽しめるとは思う。

 


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)

 先に見ておかなきゃいけない作品も特にない。この作品はもともと知名度が高いキャラクターでもないので日本人ウケはよくいのだけど、予想を裏切って(?)海外では大ヒットした。ハードルが低かったからか個人的にも結構楽しめた。


『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)

 ここまでたどり着いたなら大体の作品は見てきたと思う。『アイアンマン3』 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』から繋がりが深いので、その辺りは見てから楽しむといい。この作品の見どころは色々あるんだけどやっぱりアイアンマンのハルクバスターだと思う。ちょっとカッコよすぎじゃない?

ムービー・マスターピース アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン ハルクバスター 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

↑ハルクバスター。暴走したハルクを止めるためにアイアンマンが装着する。ド派手は重量感溢れる戦いで街を大混乱に陥れる。


『アントマン』(2015年) 

アントマン (字幕版)

アントマン (字幕版)

 

 先に見ておかなきゃいけない作品もなく楽しめる。正直シリーズの中でスケールが小さいのだけど、これまたハードルが低かったおかげか、結構楽しめた。できれば他は見てなくても『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を見てからのほうが、「あのコスプレしてるキャラ何?」とならなくて済む。


『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)

 僕はこの作品が一番好きだ。いままでも少しぶつかる事があったキャプテンアメリカとアイアンマンが遂に、とある法案をきっかけに対立する。どちらも自分の信じる正義や信念があり、それがぶつかるのだ。アツイ。なおこれを見るにあたっては『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を見ておく必要がある。アントマンも登場するけれど、まぁソッチは見ておかなくてもそんなに支障はない。ちなみに、原作とは脚本が違う。原作だとウインターソルジャーが出てこない。


『ドクター・ストレンジ』(2016年)

ドクター・ストレンジ (字幕版)

ドクター・ストレンジ (字幕版)

 

 これは先に見ておかなきゃいけない作品も特にない。アカデミーの視覚効果賞にノミネートされるくらい視覚効果はすごい。できれば3Dで見てほしい作品。


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』(2017年)

 先に見ておくべきは前作の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のみ。他とのかかわりはほとんどない。これもハードル低かったからか、楽しく観れた。


『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)

 この作品は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から続くのだけど、オープニングでその概要を教えてくれるので、見てなくても必要な部分は理解できる。

 

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)

www.youtube.com

最近公開されたマイティソー3と言える作品。ハルクも登場するし『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は見ておいた方がいい。そうしないとハルクがなんで動揺しておとなしくなれたか理解できないと思う。ドクターストレンジも出るけれど、まぁ見てなくてもそこまで影響はない。

 

『ブラック・パンサー』(2018年3月公開予定)

まだ公開前だけど、最新予告見ると思った以上に面白そうで期待している。なおこの作品の主人公は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場となるので、そちらを見ておいた方がいい。

――――

・・・少しずつしかコメント書いてないのに疲れた・・・作品数が本当に多い。これだけのシリーズを中断せず飽きさせずにヒットさせるマーベルは本当にすごい。

来年度には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が遂に公開される。マーベルシリーズ最大の強敵とされるサノスが、これまでの作品に登場したインフィニティ・ストーンを狙って登場する。早く最新予告編を見させてくれ!

(所要時間50分)